Greasemonkeyスクリプトのデバッグ方法

Firefoxで、Greasemonkeyスクリプトを効率よくデバッグする方法を知らないので、
Greasemonkeyスクリプトを書く場合Google chrome extensionとして書き、テストとかをしてます。
extensionと言ってもパッケージ化等は全くしてませんし、内容も特に違いはありませんが。

3gokushi-beyondを例として書きます
任意のディレクトリにmanifest.jsonと3gokushi-beyond.user.jsファイルを入れるだけ。
manifest.jsonの内容はこんなの

{
   "content_scripts": [ {
      "exclude_globs": [  ],
      "include_globs": [ "http://*.3gokushi.jp/*", "https://*.3gokushi.jp/*"],
      "js": [ "3gokushi-beyond.user.js" ],
      "matches": [ "http://*/*", "https://*/*" ]
   } ],
   "description": "browser 3gokushi beyond user script ",
   "name": "3gokushi-Beyond",
   "version": "1.28.1.7"
}

あとはこのディレクトリをデベロッパモードにした拡張機能から2つのファイルを入れたディレクトリを選択し読み込ませる。
たったこれだけです。Google Chromeだと標準機能のDeveloper Toolsが使えて便利です。

Firefoxの場合firebugがあるけれど、firebugGreasemonkeyスクリプトをデバッグする方法がわからない・・・。それに4.0だと重いし。
どなたかFirefoxGreasemonkeyスクリプトをデバッグする便利な方法しりませんか?
主に使いたい機能はbreakやらvalue内容みたりとかなのですが。